読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年を振り返ってみました

初めまして。とあるジャニヲタの端くれ、あずきと申します。

文章を書きたい欲が突然高まってしまったのでブログ始めることにしました。よろしくお願いいたします。

 

本当はキリよく年明けからにしようと思っていましたが、新年早々書くことなんておそらくないので個人的な記録も兼ねて2016年の私のジャニヲタとしての行動を振り返ることにしました。というつもりでしたが年が変わるまでに投稿できなかったので新年早々から昨年の話をします。

まず大前提として簡単な自己紹介ですが、2008年に『大決戦!超ウルトラ8兄弟』で幼少期の私の憧れであった『ウルトラマンティガ』のマドカ・ダイゴを演じる長野博さん(いつもは長野くんと呼んでいます)に運命の再会を果たしそこを入口にV6ファンとなり、気付いたらジャニヲタに。NEWSの加藤くん、Kis-My-Ft2の横尾さんを応援しながら現在はJr.ユニットLove-tuneの諸星翔希くんを担当として応援しています。

 

【3月】

・Endless SHOCK 2公演

突然3月。2月もその気になればSHOCK行けましたが気付いたら3月でした。

今思えば現時点での諸星くん最後のSHOCKでしたね。毎日Twitterでレポを探すのが楽しみでした。

 

【4月】

・野球大会

こちらは横尾さんを応援しに行きました。内野席のど真ん中に座っていたのでバッターの背中とキャッチャーのお尻見放題というなかなか複雑な席でした(笑)Jr.の末武くんがピッチャーとしてマウンドに上がった瞬間の興奮は忘れません。

 

【5月】

・ジャニーズ銀座2016(天才Genius・颯・嶺亜・挙武) 1公演

ものすごく楽しかったです!フレッシュな天才Geniusと10代にして大人の色香を滲ませるふうれあむの化学反応がたまらない公演でした。ソロ曲をみんなで見守ったり楽器を披露したり、スペシャルゲストのカウアンくんの歌でカウ颯の絆に涙したり……バック4人も含めた全員がキラキラ輝いていました。

 

【8月】

Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I Scream 東京1公演・福岡2公演

A.B.C-Z Star Line Travel Concert 東京1公演

・サマステジャニーズキング(平野・Prince・天才Genius・松倉松田) 1公演

・サマステジャニーズキング(Mr.King・Hi Hi JET・Classmate J) 1公演

なんだかとってもカオスなことになっていますね……。実際はキスマイ東京→えび→サマステ→キスマイ福岡→サマステの順でキスマイ東京翌日からえびコン前日まで家族旅行をしていたのでやたらハードスケジュールでした。

キスマイ福岡は遠征!バックに担当さんが出ているフォロワーさんと二泊三日福岡の旅へ。コンサートの他、美味しいものを食べ観光地をめぐり四六時中ジャニーズの話をして本当に楽しかったです。キスコンオーラスでは舞祭組が「棚からぼたもち」を披露してガチ泣き。あぁ、やっぱり横尾さん好き!と思いつつヲタクとして色々な思いを新たにしたコンサートになりました。

えびコンはここ数年必ず参戦していますが、今年も「えび最高!!!」って会場出た瞬間叫びました。5人の魅力はもちろんのことえびのバックで踊る自担は本当にいい顔をしているのでありがたい……という気持ちでいっぱい。この時が初めて「Love-tuneの諸星くん」を見た公演でした。

そして!Jr.担の夏といえばEX!!自担が出ていた公演は行かなかったのですが、2種類行ってきました。春にクリエで天才Geniusを見ていたのでその時のときめきをEXに持ち込んだ感じです(笑)Princeが「Princessのみなさんお元気ですかー?」って煽っていて軽率にニヤニヤしました。可愛いなぁ。需要と挑戦をバランスよく配置したセトリも素晴らしかったです。Mr.King公演は可愛いの大洪水。オーラスだったのでクラJもバルコでお手ふりしていたのですが、私のお目当ての今野くんは絶妙に近くまで来てくれなかったです…まぁそんなもんですよねぇ~。

 

【9月】

・DREAM BOYS 1公演

・少年たち危機一髪! 1公演

昼夜で1公演ずつの観劇でした。ドリボはエンターテインメント性に重きを置いていて、「人を思う気持ち」が事態を次々と狂わせていく様が華々しく描かれていたように思います。狂わせていく、なんて書くと言葉が強すぎますね。登場人物の狂気じみた行動も端々から伺えるのですが、そのどれもが自分にとって大切な人にどうか良い結果を、と願う心から生まれたものだったためかきちんと最後に救いを残してくれる作品でした。いやしかし自担がいじめっこの役柄を演じるのはなかなか心が痛みました。Love-tuneはここでオリジナル曲「Call」を披露。挑戦的な歌詞と疾走感のあるメロディーライン、ここで命を燃やし尽くしてやると言わんばかりの鬼気迫るメンバーの迫力に完全ノックアウトでした。ただ一言、強い。

少年たちはある意味ドリボとは真逆かもしれません。描かれる世界が「ボクシング」「ショービジネス」であったドリボと比べ、こちらの世界は「刑務所」「戦争」です。少年のモラトリアムを描く手段としての側面と実際に今もこの世で戦争が途絶えないという事実を実感する手段としての側面があり手放しで「面白かった!」と言うにはちょっとためらってしまう作品でした。興味深かったですけどね。Snow ManとSixTONESの相性にはもはや嫉妬です。カラーが全然違うユニットなのにどうしてこんなにしっくりくるのでしょうか……。個人的にはふっかとほっくんのペアがとっても好きです。兄と共に死にたかった弟と、弟と共に生きていきたい兄……二人が警察に追われて両手をあげながら消えていくシーンの写真を掲載した雑誌がありましたら誰か教えてください。

 

【11月】

・A NEW MUSICAL CROSS HEART Live version 1公演

待ちに待った自担のミュージカル!出演発表からおよそ半年を経てようやく初日!と、ものすごくテンションが上がりました。この公演は12月1月に上演されるMusical versionの前哨戦みたいなもので早い話がダイジェスト版だったのですが、オープニングはライブバージョンのみの演出であったり音にこだわったEXシアターだからこその歌を聴かせる演出が多めに用意されていたりとミュージカルバージョンも観劇した今(2017年1月)だからわかる特別公演のうま味に時間差で感動しています。

 

【12月】

・A NEW MUSICAL CROSS HEART Musical version 8公演

私史上最多観劇を記録しました。この公演はまだ大阪5公演の上演が残っているので細かくは触れません。どこを話してもネタバレになっていまう&ネタバレ無しで見てほしいのであらすじも公式サイト以上のことは言えません……。東京公演は日数も多く夜公演も19時開演という観劇するにあたって自由の利く舞台だったためか同じジャニヲタの括りに入る他担さんにも多く観に行っていただけたようで嬉しかったです。

 

【12月→1月】

ジャニーズカウントダウンコンサート2016→2017

V6長野名義での当選でした。びっくり。ご祝儀を払ったと思えば納得でしょうか?……まぁそれは冗談として、純粋に嬉しかったので思いっきり楽しんできました。○ンチェさんの話をTOKIOがした時に笑っていたら「これわかる人年代がわかるよね」と公式BBA認定されたのも地味に感慨深いです。でもみんな知ってるよねサ○チェさん。

カウコンでとっても嬉しかったことは、V6の後ろに宇宙SixがついてTAKE ME HIGHERを歌ったこと!V6はバックにJr.をつけないので、まずJr.がついていることが嬉しかったですし、そのユニットがダンスの精鋭They武道+幸大くんと伸び盛り男子大学生シンメ原めぐというメンツからなる宇宙Sixだったのも胸が熱くなりました。

 

……とまぁ結構ざっくりですが合計22公演のコンサート・舞台を観劇した1年でした。他にも自担がユニット入りしたりジャニヲタとなるきっかけの大好きな人が結婚したり本当に色々ありました。ジャニヲタとしてのひとつの転換期になったのは間違いないです。2017年は穏便に、それでいて楽しくジャニヲタができればいいなーなんて思います。